51%攻撃

悪意あるものにより、ネットワーク全体のマイニング速度の(50%以上)を支配され、不正な取引が行われること。一つのノードが、全体が持つ計算量の過半数を支配し、不正な取引の正当化と正当な取引の拒否、検証の独占を行うことが可能となる。現状51%攻撃への対策は無いが、攻撃を行ったとしても攻撃コスト以上の期待値がないことを知っているためノードは 51%攻撃を行わないと考えられている。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。