DDoS

Distributed Denial of Service attackの略で分散Dos攻撃を指す。複数のネットワークに分散する大量のコンピュータが一斉に特定のネットワークやコンピュータへ接続要求を送出し、通信容量をあふれさせて機能を停止させてしまう攻撃

CFTC

米商品先物取引委員会のこと。

米国内での先物取引の認可権を持っており、商品や金利、デリバティブ全般を監督し、市場参加者の保護を目的に詐欺や市場操作などの不正行為の追求や、市場の取引監視の権限を持つ。

CPFP

手数料が足らずになかなか承認されないトランザクションを承認させるための手法

Bitcoinjs

Hive Wallet、Blockchain.info、Dark Walletなど多数のWeb Walletで利用されているJavascriptのBitcoinライブラリ

BIP

Bitcoin Improvement Proposalsの略でビットコイン技術を議論する為に作成、公開されている文章群

Base58

バイナリデータを文字列で表現するフォーマット。Base64との違いとして l(小文字:エル)と1(数字:いち)のように間違えやすい文字を除外している。

ASIC

Application Specific Integrated Circuitの略で特定用途向け集積回路を指す。特定の通貨のマイニングでのみ使用可能である

レンディング

貸出を行い収益を上げる方法。人に貸し出し、貸し出した期間に対する金利を付け返済してもらう。仮想通貨においては、主に信用取引(margin trading)を行う人へ貸し出す。

レバレッジ

倍率のこと。為替やビットコインのデリバティブにおいてレバレッジ20倍とは、本来必要である20分の1の証拠金で取引を行うこと。

リファレンス実装

なんらかの機能を実現するハードウェアまたはソフトウェアであり、他者がそれを参考にして独自に実装することを助ける目的で作られたもの。

リプレイアタック(リプレイ攻撃)

ハードフォークによってブロックチェーンが複数の枝に分岐し、異なる 2 つ以上の独立した台帳に分かれてしまった場合において、ひとつの枝で有効なトランザクションが他の枝でも有効となることを利用し、ある台帳上で有効な取引を他の台帳上でも実行することにより送金者の意図しない台帳上で資産移動させてしまうこと

リスクオフ

資産を投資するにあたり、リスクを折り込みたくない時。積極的なトレードは起きない状況であり、下げ相場になる。

約定

注文が通ること。買い注文と同数の売り注文が入ることで約定し、売り注文と同数の買い注文が入ることで約定する。

ミキシング

取引の秘匿性を高める方法の一つで、トランザクションをランダムで選ばれた同時期の他のユーザのトランザクションと混ぜ合わせ、一つのトランザクションに集約させる方法。集約されたトランザクションは、それぞれの出金先に再分配される。取引の入金元と出金先との紐付けを断ち、追跡できなくすることができる。

マルチシグ

ビットコインを送金するために複数の署名が必要で、署名の数は「2/3」のように分数で表される。この場合、事前に作られた3つの秘密鍵の内、2つの秘密鍵での署名が必要となる。

マイニングプール

複数のマイナーで協力してマイニングを行う仕組み。マイニングプールでは大勢がマイニングに協力して条件をみたすナンスを探索する。マイニングの結果、各々が提供したハッシュパワーによりマイニングマイニング報酬は分配される。

マイニング

新たなブロックを生成し、その報酬として通貨を手に入れる行為。数学的な計算を繰り返し、特定の条件を満たす解を見つけるという行為で、計算力を提供するため、高価なハードウェアと多くの電気代が必要となる。マイニングという行為はナンスをどんどん変化させ、ハッシュ値がある数値以下になるまで繰り返す行為となる。マイニングによって得られる報酬はブロック生成報酬とトランザクション手数料の合計となるため、手数料の大きいトランザクションは積極的にブロックに入り、低いトランザクションは後回しにされる。